銀行の自動車ローンの特徴

銀行で申し込める自動車ローンにも、様々な特徴があります。
まずは金利です。ディーラーの自動車ローンよりも、
銀行の自動車ローンの方が金利は低く設定されています。
銀行によって金利は異なりますので、銀行間での比較は必要です。

ディーラーの自動車ローンでは、取り扱っている車や指定の車のみ、
また中古車には使えない場合もありますが、
銀行の自動車ローンでは、新車も中古車も対象としている物が多いです。
また、車の購入以外にも、自動車学校、車用品の購入などにも
使える自動車ローンもあります。

ディーラーの場合は、買う車を決定後、
購入と同時進行で自動車ローンの申し込みも進められます。
銀行の場合は、ディーラーが関係しないため、
申し込みなどの手続きは自分で行う必要があります。
これは、ネットのみで行える銀行もあります。
申し込みにあたっては、その銀行に口座を持っているなど、
銀行との取引、信用がある場合、審査に有利となります。
反対に言えば、銀行での自動車ローンの申し込みには、
勤務期間や収入状況といった信用が問われるため、
その他のローンに比べて、審査が厳しくなっている
と言えます。

ただ、この審査に通れば、車を担保とせずに貸付を受けられるため、
ローンの完済を待たずして、車の所有権を得ることができます。
ディーラーの場合は、車が担保として貸付が行われるため、
車の所有者がディーラーになってしまい、
車の売却や乗り換えが難しくなります。

金利を低く抑えたい、自分に所有権がある車として自由に扱いたい場合、
銀行の自動車ローンが適しています。