販売店で申し込む自動車ローン

買いたい車を扱っている販売店で、
自動車ローンを申し込むこともできます。
販売店によって、いろいろなローンがあります。
商品を後払いで購入することは「クレジット」になります。
販売店での自動車ローンも、販売者から車を後払いで購入するため
「クレジット」の形になります。

通常のクレジットに加え、残価設定型クレジットや、
自動車保険がセットになったクレジットもあります。
販売店で申し込み、多くの場合は販売店の系列になる
信販会社と契約をすることになります。

販売店の自動車ローンの利点は、
まず、車の購入と同時に手続きを進められる点です。

別に銀行などに出向いたり、書類を準備する手間が省けます。
そして、車を購入するために組むローンですから、
車を売る側の販売店側としては、
ローンが組めなくて車が買えない、ということにはならないで欲しいのです。
つまりは、ローンの審査が他の金融機関よりも通りやすいとされています。
しかし、クレジットでの支払遅延、
消費者金融や金融機関での借入延滞があると、
金額などが希望通りとならない場合もあります。

注意が必要なのは、販売店でのクレジットの場合、
完済まで信販会社が車の名義人となることが多い点です。
これによって、支払い途中での買い替えなどが難しくなります。
もう一点気をつけたいのは、販売店の自動車ローンは
他の金融機関が提供するローンに比べると、
金利が高くなっている点です。
また、車種が限られている場合もあります。