金利タイプにも気を付けよう

自動車ローンを使う時に気になるのは、なんといっても金利です。
その金利にも、二種類があります。
「変動金利」と「固定金利」です。

「変動金利」は、借入期間中に、金利が変動します。
変動は、市場金利の変化に応じて行われるため、
景気が上向きの時は金利が上昇し、
景気が下向きになれば金利は下降します。
変動金利のメリットとしては、固定金利よりも
もともとの利率が低く設定されていることです。
ですが、デメリットとしては、金利の変動が起こるため、
借入期間中に金利の上昇が起こるリスクがあります。

「固定金利」では、金利の変動はありません。
借入時の金利が、借入最終期日まで適用されます。
固定金利のメリットは、金利が変わらないため、
返済の計画が立てやすいところにあります。
デメリットは、もともとの金利が、変更金利よりも
高く設定されていることです。

借入時点では、金利の低い変動金利を選ぶ方が、
利点があるように思われます。
しかし、将来の金利上昇リスクを考えると、
簡単に変動金利を選ばずに、十分な検討が必要です。

借入期間が短い場合や、借入額が低い場合には、
金利の低い変動金利を選択すると、有利になるかもしれません。
金利の下降が起こる場合にも、変動金利は有利になります。
返済が長期化する場合には、金利変動リスクを考慮して、
固定金利を選ぶ方が安心できるかもしれません。
また、返済の計画をしっかり立てたい方には、
返済額が変わらない固定金利を選ぶ方が向いているでしょう。
自分の生活設計、返済能力を考慮した上で、
市場の動向にも注意しつつ、金利タイプを選択しましょう。