残価設定ローンはお得なのか?

車を購入する際には、通常の自動車ローンの他に、
残価設定ローンというものもあります。

残価設定ローンは、一般的に、購入する車の3年後の価格を差し引いて、
残りの金額を分割払いにする形になります。
車の価格の一部を、あらかじめ「残価」として設定するのです。
そして3年後、残価の支払いをすることになります。
ここでは、「同じ販売店で扱う新しい車への乗り換え」、
「車の返却」、「車の買上」が選べます。

残価設定ローンの利点は、価格があらかじめ差し引かれているため、
毎月の支払い額が少なくなることにあります。

車によって残価の設定は異なりますが、
人気の車であれば、残価設定も高くなり、より払いやすい金額で
車を手にすることができます。

デメリットとしては、3年後の乗り換え、返却、買上まで、
自分の車ではないことです。

車を改良することなどもできません。
また、車に傷が付いたり、事故を起こした場合や、
走行距離が一定距離を超えた場合などには、
買い取り額が減額、あるいは別途清算金が必要になることもあります。

そして、残価にも金利がかかってくることも、気をつけなければなりません。
3年後に買上する場合には、残価に金利をプラスした金額を払わねばならず、
最終的な支払い総額としては多くなってしまうこともあります。

残価設定ローンは、数年で車を買い換えたい方、
設定距離を超えない程度に車に乗る方、
低めの予算でもよい車に乗りたい方に向いています。

車に長く乗りたい方、長距離を載られる方、一定期間終了後は買上たい方は、
残価設定ローンではない、通常の自動車ローンを検討することも必要です。